外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度とは、外国の方が日本の企業で働くことにより日本の高い技術を身につけ、その国の発展を担う人を育てる「人づくり」を目的として創設された国際協力のための公的制度です。

技能実習の流れ

この制度で滞在できる期間は最大3年間です。
1年目が終了する前に、所定の技能試験(技能検定基礎2級等)に合格することで、さらに2年間企業の従業員として技能・知識の習熟度を高めます。

技能実習生受け入れ人数枠

1年間で3名まで(常勤職員数50名以下)受け入れ可能な企業さまの場合、以下のように「2年目6人、3年目以降9人」の環境まで受け入れができます。

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム
Copyright 2019 協同組合岐阜企業センター